合宿免許のときの食事について

合宿免許のときの食事について

合宿免許が宿泊をともなうというのは当然ですが、その日数については、ドライビングスクールによって若干の違いはあるものの、たとえばオートマチック限定の普通車の免許取得のコースであれば、だいたい2週間程度はかかってしまうものです。
これは、1日あたりに運転ができる時間数などが、国の指導によって決まっていることも原因となっています。



全国どこにあるドライビングスクールであっても、法令や公安委員会の指導は遵守していますので、いかに卒業までの期間短縮に努力したとしても、やはりそれなりの日数はかかってしまうのです。



そこで、合宿免許の期間中、食事はどのようにすればよいのかが問題となってきます。


食事については、実は3食すべて付いているというプランが一般的であり、朝や夕方は宿舎、旅館、ホテルといった、合宿免許の宿泊先で用意し、昼については、ドライビングスクールの内部にある食堂でということになります。

しかし、食事が付いているプランだけとは限らず、食事をなくして、その分だけ合宿免許の料金を割安にしているようなプランというものもあります。この場合も昼についてはドライビングスクール内ということになりますが、朝や夕方は、たとえば外食の割引券のようなものを配布して、どこか近くの提携している食堂やレストランでということもありますし、まったくの自炊で対応ということもあります。



自炊の場合ですが、宿泊先もウィークリーマンションのようなところで、すでに室内にミニキッチン程度のものが備え付けられている場合が多いといえます。

Copyright (C) 2015 合宿免許のときの食事について All Rights Reserved.