合宿免許のデメリットとは

合宿免許のデメリットとは

合宿免許は早く免許が取れること、また郊外で合宿することでその土地の良さを満喫できることで非常に人気が高いものです。

特に早く免許が取れるという点は忙しい現代人にとってメリットが大きいとして、参加する人が年々増えています。



また免許が取りやすいという評判も多く、自動車学校に通ったけれどなかなか免許が取れないという人でも簡単に取ることができると考えられており、参加する人も少なくありません。

しかし、合宿免許にはデメリットも有ります。
第一に期限内に教習を全て終わらせることが重要で、終わらない場合には場所によっては初めからやり直しになってしまうことです。

合宿免許は免許を取るのが簡単と考えている人も多いものですが決してそのようなことは無く、カリキュラムを一日に何時間もこなすことで期間を短くしているのです。

その為、躓いてしまうと教習に付いてゆけずに期間内に終了できない可能性もあります。



教習所は転校する事ができないので、終わらなかった分については自費で通学するか、新たに別の自動車学校で始めからやり直すことになるのです。

又、多くの合宿免許は郊外の交通量の少ない場所で教習を行う為教習がスムーズに進む半面、交通量の多い場所での運転方法を教えてもらえないことが多いため実際に免許を取った場合に交通量の多い路上で戸惑ってしまうことが多くなります。
その為、そのような道路での運転を別途教わる必要があります。

合宿免許を利用する際には、このようなデメリットも踏まえて参加することが大切です。

合宿の大型免許における問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

Copyright (C) 2016 合宿免許のデメリットとは All Rights Reserved.