合宿免許を受ける時期

合宿免許を受ける時期

合宿免許は、たいていの場合、2週間から1か月程度の期間にわたって、ドライビングスクール近くのホテルなどでの合宿をつづけながら教習を受けるということになります。そのため、ある程度時間的に余裕があるシーズンでなければ、なかなか参加をすることができないというのも事実といえます。

新潟の合宿免許についての情報ならこのサイトです。

そのため、特に学生の場合には、休みがまとまってとれる夏場のシーズンの参加に時期が集中しがちであるといえます。



もちろん、こうしたシーズンであれば、全国から若い世代がドライビングスクールにあつまるため、遠方の友達をつくるという意味でも望ましいことがあるます。


その反面、夏場はホテルなども観光客の需要とバッティングしてしまうため、合宿免許の料金が高くなってしまいやすいといったデメリットもあるのです。こうしたデメリットを解消し、できるだけ合宿免許を安く受講するためには、やはり、冬休みなどの別のシーズンに受講の時期をずらすか、さもなくば合宿免許のプランのなかでも宿泊先のホテルのグレードが高くないもの、アメニティグッズや各種の人的なサービスがないウィークリーマンションを利用するものなどを選択するのがよいといえます。


また、なかなか募集しても受講生が集まらず、定員割れをおこしてしまうような時期であれば、通常の料金よりも割引をしている場合などもありますので、募集要項をしっかりと確認して、割引などのキャンペーンをしていないかどうかを把握しておくべきでしょう。



Copyright (C) 2016 合宿免許を受ける時期 All Rights Reserved.