合宿免許の料金について

合宿免許の料金について

合宿免許の料金についてですが、このなかには通常のように自宅からドライビングスクールに通学するときの学科、技能それぞれの教習のための授業料、各種のテキスト代、仮免許試験などの受験のための費用といったものは、ひととおり含まれていると考えて差し支えないといえます。


そのほかに、合宿免許には特有の費用というものが、パッケージとなって含まれています。

京都の合宿免許情報ならこちらをご利用ください。

それは、合宿免許の期間中に宿泊をするホテル、旅館または宿舎の宿泊費、朝から夕方までの食事代などといったものです。


宿泊が込みになっているので、一見すると価格が高くなってしまうのではないかとみられがちですが、実際には団体として部屋を借り上げるわけですので、かなりこの部分は安くなっているといえます。
ただし、ホテルや旅館といった施設の場合には、たとえば夏休みのシーズン、秋の紅葉のシーズンなどは、必然的に他の旅行客なども利用して混雑するものです。



こうした時期には、同じ部屋であったとしても、相対的に宿泊料の価格が上昇してしまいます。そのため、実は合宿免許のトータルの料金についても、よくみると他の時期よりも価格が高くなっているのです。

そこで、できるだけ合宿免許を安上がりにすませたいということであれば、ホテルや旅館が混み合わない時期を選ぶというのが、かしこい方法であるといえるでしょう。



ドライビングスクールが自前で保有しているような宿舎であれば、宿泊料の部分そのものについては、こうした現象とは無縁といえますが、需要が少ないシーズンは定員を満たすためにバーゲンセールのように価格を引き下げている場合もありますので、同様に狙い目であるといえます。

Copyright (C) 2016 合宿免許の料金について All Rights Reserved.