合宿免許の支払いについて

合宿免許の支払いについて

合宿免許の場合、自宅から近いところにあるドライビングスクールにわざわざ申し込みをするということは少なく、たいていは自宅からかなり離れた地域にあるところに申し込みをするはずです。


そのため、実際の申し込みというのは、インターネット上に開設されているホームページの専用フォームから行うということが多いはずです。


自宅から直接通学するのであれば、入校するときにあわせて代金を支払うものですが、このように遠隔地で合宿免許の申し込みとなると、話は別になります。

通常は入校する予定日から1か月前などの期日を定めて、銀行振り込みなどの手段であらかじめ指定口座に入金をして、入金が確認されれば入校を認めるといったかたちになるはずです。
逆に、指定された期日までに入金をしなければ、合宿免許の申し込みは自動的にキャンセルされたものとみなすという取り扱いになります。

この入金に関してですが、現金で一括というのが基本となってきます。


そうはいっても、合宿免許の料金というのは、少なく見積もっても20万円台から30万円台程度は必要であり、一般の人、特にアルバイトなどで生計を立てている学生にとっては大金であるといえます。



そこで、多くのドライビングスクールでは、合宿免許のためのローン制度をもうけていて、入校して1か月目から、毎月少しずつ支払うだけですむようにしているところがほとんどであるといえます。



こうしたローン制度には、学生の特例として、大学卒業までは返済を据え置きということもありますので、お金に不自由している場合は相談してみるとよいでしょう。



Copyright (C) 2016 合宿免許の支払いについて All Rights Reserved.