合宿免許中の2度の検定試験

合宿免許中の2度の検定試験

AT免許で合宿免許に参加した場合、通常2週間程度で卒業することができます。

毎日、技能教習及び学科があるので、かなりハードスケジュールになりますが、1日のうち何時間かはフリーな時間もあるので、そのような時間を有効な息抜きに使うと、ハードスケジュールも乗り越えていくことができるでしょう。

栃木の合宿免許のサイトが登場しました。

合宿免許の技能教習及び学科を進めていく中で、重要な検定試験が2度あります。
1つ目は、入校してからちょうど半分の7日目当たりに行われる修了検定及び仮免学科試験です。

この時点までの教習はすべて教習所の中で行われますが、技能及び学科の試験に無事に合格したら、晴れて路上教習に進んでいくことができます。



万一、試験に落ちてしまっても、慌てることはありません。

1~2度は落ちても当たり前くらいに考えておくと、気持ちも楽です。
試験に落ちたら、追加教習そして再試験を受けることになりますが、延長の教習費用に関しては保証内に含まれているので心配する必要はありません。



ただ何度も落ちてしまうと、費用の保証範囲を超えてしまったり、宿泊が延長されることで、お友達と一緒に卒業することができなくなったりというケースが考えられます。2度目の検定試験は卒業前の最後に行われる卒業検定試験です。
この検定試験に合格して卒業することができます。

学科の試験の2度目はありません。

また、その他に、適性検査や効果測定などがあります。よほど問題がない限り、予定通りに合宿免許を終了することができるでしょう。

Copyright (C) 2016 合宿免許中の2度の検定試験 All Rights Reserved.