合宿免許と食事について

合宿免許と食事について

合宿免許の場合には、たとえばオートマチック車の限定の運転免許を取得するようなコースであったとしても、最低ラインとして13日程度は宿泊をしなければならないものといえます。

基本的に、1日に連続して受けることができる技能教習の時間数は、実際にハンドルを握って集中力をもって操作をしなければならないという特殊性から、カリキュラムの進度に応じて、一定の範囲までに制限されているのです。



そのため、いくら効率的に教習をすすめたところで、やはりこうした日数は卒業までにかかってしまうわけです。


このような合宿免許の期間中、食事のほうはどうするのかということですが、通常であれば、食事についても合宿免許の料金のなかに一括して組み込まれていますので、あまり心配することはありません。

昼食はドライビングスクールの建物内としても、朝や夕方は宿泊先であるホテルや旅館のなかで提供されることになります。場合によってはですが、ホテルなどの近くにあるレストランが指定されていて、食券のようなものが事前に配布され、その食券を提示することによって、無料で食事ができるといった形態になっていることもあります。



また、合宿免許でもホテルなどに宿泊せずに、ウィークリーマンションやアパートなどが宿泊先として指定されているプランもあります。この場合は、各自で外食をするか、または室内にあるミニキッチンのような設備を使って自炊をすることになりますが、その分だけ合宿免許の料金が安くなっているはずです。



Copyright (C) 2016 合宿免許と食事について All Rights Reserved.