合宿免許で宿泊する場所

合宿免許で宿泊する場所

合宿免許とはいっても、ドライビングスクールによって、さまざまなプランが用意されているものです。
なかでも申し込みを考えている人が気になることといえば、宿泊の場所はどのようなところかということでしょう。

合宿免許の場合には、日数的にいちばん短いといわれているオートマチック車限定の免許のコースであったとしても、すくなくとも2週間程度は宿泊を余儀なくされてしまうものです。



そのため、宿泊場所があまりにも環境のよくないところでは問題になりますし、かといって必要以上に豪華なところでは、合宿免許の費用がその分だけ跳ね上がってしまうことにもつながりかねません。それでは、標準的な宿泊場所としてはどのようなところがあげられるかですが、たいていはドライビングスクールの近くにあるビジネスホテル、個人経営の旅館などを借り上げて、そこから毎日、送迎バスで実際の教習場所に向かうというかたちになります。



そのため、基本的に寝具、アメニティグッズ、大浴場、コインランドリーなどといった、滞在に必要となるようなものはととのっているはずです。

場合によっては、ドライビングスクールが自社の設備として、宿舎のようなものを抱えているということもあります。



この場合、合宿免許に特化したつくりになっているため、食堂や浴場などはもちろんありますし、ひまつぶしのための漫画コーナー、ミニシアター、フィットネスルームなどといったものまで内部にしつらえてあることもあります。


Copyright (C) 2016 合宿免許で宿泊する場所 All Rights Reserved.